【投稿】トリガー・ベクトル理論を更新しました。

テフロン加工されたフライパンの危険性とは? | 有機フッ素化合物(pfas)問題と恐ろしい人体への影響

皆さんはご家庭での調理でテフロン製のフライパンをご使用ではありませんか。安価で数千円程度で購入でき、調理もしやすいのでとても便利ですよね。さらに、肉や魚などもくっつきにくく、卵料理や炒め物などでも油をあまり使わずに調理できるのがメリットです。しかし、安価で便利だからといって使い続けると、あなたご自身や家族全員の健康を損なう可能性があることをご存知でしょうか。残念なことに、地下水や水道水のpfasの濃度が上昇し、社会問題にもなっています。

この記事では、テフロン製フライパンの危険性とその危険を回避する方法を解説します。ベストな方法はテフロン製フライパンの使用を控えることですが、利便性と価格的メリットもありますので、買い替えが難しい方は危険性を理解した上で、正しい使い方を心がける必要があります。

記事監修 _ 減薬&漢方 Cosmo Life Aid

▸ 保有資格 / 薬害研究センター認定セラピスト・国際中医師・薬剤師
▸ 略歴 / 精神薬の問題や多剤併用、医療カスケードの問題を目の当たりにする。漢方や瞑想の勉強を始め、減薬と断薬専門のドクターから精神構造分析を学ぶ。現在は精神分析を主軸とした、減薬相談や健康・漢方セミナーを開催。

フライパンのテフロン加工とは何か?

テフロンはデュポン社の登録商標です

テフロンには
PFASという化学物質が含まれている

テフロンはアメリカのデュポン社が商標登録しているフッ素樹脂加工の一種で、その優れた滑り性と耐久性から、フライパンをはじめ、様々な製品に広く使用されています。スーパーやホームセンターで1,000円程度から販売されているテフロン製フライパンは、料理がくっつきにくく、多くの人にとって便利な調理器具として親しまれています。

しかし、その安価さと利便性の裏側には、テフロン製フライパンに潜む様々な危険性が存在します。近年、水質汚染問題で注目されているPFAS(ピーファス)は、テフロンにも含まれている化学物質です。PFASは人体への影響が懸念されており、発がん性や生殖毒性、免疫機能への影響などが指摘されています。

PFASは有機フッ素化合物の総称です

PFASはフッ素化合物の総称です

有機フッ素化合物には
複数の種類があり
人体や環境に悪影響を及ぼします

PFAS(ピーファス)は有機フッ素化合物の総称で、PFOSとPFOAは、その代表的な化学物質です。テフロンでよく知られる非粘着性コーティングの製造に使用されるPTFEもPFASの一種です。

PFASは熱に強く、電気を通し、水や油を弾き、燃えにくく、汚れ防止の特性を持つため、フライパンの表面コーティング、自動車のコーティング剤、消火器の消火剤など、様々な用途で利用されています。しかし、近年、PFASは自然界で分解されず、環境中に長期間残留することから、人体や環境への潜在的な危険性が指摘されています。

テフロンに関わる4つの危険性

PTFEの危険性

PTFEははがれやすく
マイクロプラスチックの危険性が潜む

フッ素加工樹脂の中で最も多く使用されている「ポリテトラフルオロエチレン」(PTFE)は、テフロンの通称で知られています。プラスチックの一種であるPTFEは、加熱調理時に食材がくっつきにくい便利な素材ですが、熱や摩擦に非常に弱いという側面があります。

260℃以上の高温や金属製のフライ返し、たわしなどでの洗浄によって、コーティングが剥がれてしまう可能性があります。剥がれたコーティングは、調理中の食べ物と一緒に体内に入ってしまうリスクを伴います。

万が一、PTFEが体内に入った場合、吸収されずに排出されるとされています。しかし、近年、マイクロプラスチックやナノプラスチックの危険性が指摘されているように、テフロンも人体への影響が完全に否定できるわけではありません。

テフロンの有毒ガスの危険性

高温に熱すると
有毒ガスが発生する

最も怖いのは有毒ガスの発生です。テフロン製フライパンを360℃以上に加熱すると有毒ガスが発生することが分かっており、その危険性が指摘されています。このガスを吸い込むと「ポリマーヒューム熱」といったインフルエンザの様な症状を引き起こす可能性があります。さらに呼吸困難、吐き気、頭痛、めまいなどの症状も引き起こすことが分かっています。

過去に神奈川県が行った実験では、カセットコンロでフライパンを加熱した場合5分で370℃に達し、400℃を超えると熱分解が始まり、423℃でガスの発生が確認されました。しかし、この有毒ガスは目視では見えないということが判明しています。テフロン製フライパンの空焚きは絶対に避けましょう。最近よく見かけるマーブルコートやダイヤモンドコートなども同様のPTFEコーティングですので、同様の注意が必要です。

テフロンコーティングに使用される接着剤

PFOA、PFOSは世界的に
使用についての規制がされている

フッ素樹脂加工のフライパンは、焦げ付きにくくお手入れが簡単で、多くの家庭で愛用されています。しかし、その便利さの陰で、知らず知らずのうちに人体や環境に深刻な悪影響を及ぼす可能性のある化学物質が潜んでいることをご存知でしょうか?

その化学物質とは、テフロンコーティングの接着剤として使用されているペルフルオロオクタン酸(PFOA)とペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)です。これらの物質は、自然界には存在しない人工的な化学物質であり、以下のような恐るべき特性を持ちます。

問題点まとめ
  • 体内蓄積による長期的な健康被害:PFOAは一度体内に入ると排出されにくく、長期間にわたって蓄積されます。蓄積されたPFOAは、免疫力の低下や発がん性などの健康被害を引き起こす可能性が指摘されています。
  • 環境汚染:PFOAとPFOSは、自然界で分解されずに残留するため、環境中に蓄積し、深刻な環境汚染を引き起こします。
  • 世界的な規制強化:これらの危険性を受け、PFOAとPFOSは世界中で規制が強化されています。アメリカでは2000年、EUでは2006年、中国では2019年から規制が始まり、日本でも2021年10月からようやく規制が開始されました。
  • 古いフライパンの危険性:2021年10月より前に製造されたフライパンは、PFOAやPFOSが使用されている可能性があります。もし、2021年10月以前にフライパンを購入された方は、PFOAやPFOSの使用有無を確認することを強く推奨します。
テフロンコーティングのマイクロプラスチックの危険性

フライパンから大量の
プラスチックが放出される

テフロンなどのフッ素樹脂加工のフライパンに傷がつくと、驚くべき量のプラスチック粒子が料理に放出されることが近年の研究で明らかになりました。

2022年にオーストラリアのフリンダース大学が行った研究によると、テフロン製フライパンを使った調理中に、フライ返しでコーティングに小さな傷がついただけでも、「30秒間に9,100個」のプラスチック粒子が料理に混入しました。さらに、コーティングが壊れた場合には「最大230万個」のプラスチック粒子が放出されることが分かり、世界中に衝撃を与えました。

これは、私たちが普段何気なく使用しているテフロン製フライパンが、実は健康リスクを伴う可能性を秘めていることを示唆しています。

テフロン製フライパンの安全な使い方

テフロン加工のフライパンは使わない・使い方を間違えない

鉄のフライパンが
カラダに優しく、社会毒の影響を回避できる

テフロン加工されているフライパンの内、海外製の物や2021年以降に製造されたものは比較的安全です。しかし、使い方を間違えると社会毒の危険性は回避できません。テフロン製のフライパンは調理しやすいですが、最近では調理やメンテナンス性に優れた鉄製のフライパンも多く出回っていますので、一度チェックしてみてください。

使い方まとめ
  • フライパンの熱しすぎに注意する
    フライパンをよく温めて調理するような料理、例えばステーキやチャーハンなどを作るのはできるだけ避け、火力は中火か弱火で料理するようにしましょう。温度が400℃を超えると有毒なガスが発生する恐れがあります。
  • 金属などの硬い調理器具は使わない
    調理後の熱い状態で冷水をかけると収縮差でテフロンが剥がれやすくなります。しっかりと冷ましてから洗うようにしましょう。硬い調理器具を避ける為に木製の調理器具の利用をおすすめします。
  • 環境と体にやさしいフライパンを選ぶ
    これからフライパンや鍋を買い替える方は「PTFE・PFOA・PFOSフリー」と記載されたフライパンを選ぶようにしましょう。テフロンコーティングの寿命は半年から1年となっていますので、既に1年以上使っている人は買い替えをおすすめします。環境に優しい鉄製のフライパンを選びましょう。おしゃれで使いやすいものも多いですよ。

まとめ

持続可能な環境に配慮される方は、テフロン製のフライパンを使わないことをおすすめします。環境ホルモンの人体への影響は様々であり、研究があまり進んでいない部分もあります。社会毒全般に共通しますが、フライパンについても、利便性を追求せずに昔からある鉄製のフライパンや、ステンレス製のフライパンを使う事で、これらの化学物質の影響を避けることが出来ます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA

TOP

サービスメニュー